Top >  グランビルの法則

グランビルの法則

グランデという為替記者が考え出したものをグランビルの法則
と呼んでいます。


これは長年の経験から取引のタイミングを予測したもので、
移動平均線とローソクの位置を参考にしたものです。

【買いシグナル】

・移動平均線が下降した後、上昇傾向の兆候が出てきた時に
 ローソクの実線が上向きで平均線の上を行ったとき。

・移動平均線が上昇中に、ローソクの実線が平均線を下回っても
 すぐに上昇するとき。

・ローソクの実線が上から移動平均線に近づき、下回らずに再び上昇するとき。

・ローソクの実線が移動平均線より下でしかも大きく離れている場合。


【売りシグナル】
・移動平均線に下降傾向が見えた時に、ローソクの実線が大きく平均線の
 下に行ったとき。

・移動平均線の下降が続いてる時に、上昇したローソクの実線が上に行ったものの
 再び下降するとき。

・移動平均線の下降が続いてる時に、ローソクの実線が平均線に近づいたものの
 結局上に行かずに再び下降してしまうとき。

・移動平均線の上昇傾向が続いてる時に、ローソク実線が移動平均線より
 かなり上に大きく離れている場合。

これが全てではありませんが、大変参考になるので覚えておいて
損はしないでしょう。

テクニカル分析

関連エントリー

・ゴールデンクロス
・デッドクロス
・グランビルの法則
・RSI
・ストキャスティクス
・一目均衡表
・一目均衡表の見方