Top >  信託保全の有無

信託保全の有無

信託保全は、FX業者がしなければならない義務です。


これはFX業者に何かがあった時に、信託銀行が代わりに
お金を補填してくれるシステムのことです。


これによって、顧客のお金、自分たちのお金は
信託先の銀行によって保護されるので、
被害を受けることが無いようになっています。


このような分割管理自体は法律で決まっていることですが、
自社内で分割管理していても意味が無いので、
信託保全は重要です。


資産の信託保全はもちろんの事、自己資本規制比率も
併せてきちんとチェックし比較検討する事が大切です。

自己資本規制比率は、金融先物取引法により
120%を下回ってはならないという定めがあります。

FX業者の選定

関連エントリー

・インターネットを活用
・スワップ金利
・手数料が格安のFX業者
・信託保全の有無
・取引手数料が圧倒的に安い!