Top >  一目均衡表

一目均衡表

テクニカル分析にはいろんなものがあります。
値動きを予測するものや、トレンドの傾向をみるものなど
目的がそれぞれ違います。

そして優れたテクニカル分析の中でも、日本人が考え出した
と言われている一目均衡表があります。


これは一目で相場の動向が分かります!


基本的に一目均衡表では、5本の線を使って分析します。

・転換線
当日を含む、過去9日間分の最高値と最安値の平均値

・基準線
当日を含む、過去26日間分の最高値と最安値の平均値

・先行スパン1
転換線と基準線の平均値を、当日をから数えて26日先に
記したもの

・先行スパン2
当日を含む、過去50日間分の最高値と最安値の平均値を、
当日から数えて26日先に記したもの

・遅行線(遅行スパン)
当日の終値を、当日から数えて26日先に記したもの

この5つを使って動向を分析、予測します。

ちなみに先行スパン1と先行スパン2のレンジ
(線と線の間)を「雲」または「帯」と呼びます。

たいていは上昇と下降の雲で色が変わっているので
とても見やすいテクニカル分析です。

世界的な評価も高いようなので、
見方は覚えた方がいいでしょうね。

テクニカル分析

関連エントリー

・ゴールデンクロス
・デッドクロス
・グランビルの法則
・RSI
・ストキャスティクス
・一目均衡表
・一目均衡表の見方